「石原さとみになれたら人生イージーモード」は本当か?芸能人について思うこと

      2018/05/31

石原さとみの顔に生まれたら人生イージーモード?

Twitterでコスメやダイエットの話をよくつぶやいている美容アカウントの人たちはよくこんなことを言っています。

「あー!私の顔が石原さとみだったら、人生バラ色だったのに!」
「私の顔が石原さとみだったら、人生イージーモードだったのに!」
「石原さとみの顔だったら、好きな人にも振り向いてもらえたのに!」

口癖のように「石原さとみになりたい」と口に出す美容垢の人たち。(気持ちはとてもわかる)

2003年の映画『わたしのグランパ』でデビューし、2014年のテレビドラマ『失恋ショコラティエ』の紗絵子役で大ブレイク、今や確固たるスター女優の地位を築き、TVやCMで見ない日はない、石原さとみ。

駅を歩けば必ず石原さとみの広告を見かけるし、毎月カバーガールとして、いずれかの雑誌の表紙を飾っています。

ちなみに私は2005年のポッキーのCMの頃から好きだった。


-POCKY ポッキー CM 石原さとみ 冷やしてポッキ ゲーム篇-

見よ。このエロスに満ち溢れた横顔を。10代の頃から激マブである。

さて、石原さとみのお顔に生まれたら本当にイージーモードなのかは、石原さとみ本人じゃないとわからないところではあるけれど、あるファッション誌のインタビューでこんなことを話していました。

「一時期仕事がなくなってしまって、どうすればいいか悩んでいて。自分をリセットするためにニューヨークに留学しました。それまで仕事では着るものから食べるものまで全て周りの人に任せていたけど、米国の生活は自分で全てを決めなくてはいけない。それがとても新鮮で、自分でプロデュースすることの楽しさを実感することができました」

もともと知名度が高い女優さんにもかからわず、仕事が減って病む時期もあったとは…。芸能界は厳しいとこやで。

ちなみに、石原さとみはドラマに出るときは自分でメイクをしているそうです。

いろいろなメイクを日々研究していて、夜な夜なメイク道具を広げて練習しているとのこと。めっちゃ努力家ですね。

映画『シン・ゴジラ』のカヨコ役のスタイリングもアメリカに住んでいる友達を参考にしたり、考えながら作り込んだそう。「ガッズィーーラ」の発音は物議を醸しましたが、テレビドラマの甘いイメージをぶち壊す体当たりの演技をされていて、女優という仕事にも本気で向き合ってるのがわかります。

てか、全然イージーモードじゃないじゃん。

さとみ、すごいよ。努力家だよ……。

美を仕事にしている人は権限がない

一見華やかに見える芸能人に憧れる人も多く、アイドルに志願する人は山ほどいると思います。

しかし、忘れてはならないことがあります。

「美を仕事にしている人たちは権限がない」ということ。

まずは、スーパーモデル、キャメロン・ラッセルのTEDトークを見ていただきたい。

よく聞かれる質問は 「大人になったら 私もモデルになれますか?」 「さあ それは私が決めることでないし」 とまず言ってから 尋ねてきた少女たちに訊くんです

「なぜモデルになりたいの? 他にも いろいろなれるじゃない 米国大統領とか 次世代インターネットの発明者とか 米国大統領とか 次世代インターネットの発明者とか あるいは 忍者心胸外科医詩人なんてどう?まだ誰もなってないんだから 最高じゃない?」 (笑)

こうやって他の選択肢を挙げても 「私はモデルになりたいの」と言ったら 「だったら私のボスになるといいわ」 と私は答えるの 私には何の権限もないけれど 米版『ヴォーグ』の編集長や H&MのCEO あるいは 次のスティーヴン・マイゼルに なれるかもしれません

モデルになりたいというのは 「宝くじを当てたい」と言うのと 同じことなんです 素晴らしいことですが 自分の力ではどうにもならないことであり キャリアとして 成長できるものでもないんです」

出典:キャメロン・ラッセル 「ルックスだけが全てじゃない。モデルの私が言うんだから信じて」

「私には権限がない」
「1人の女の子をモデルデビューさせることもできない」
「モデルになれるかどうかは、自分の力ではどうにもならないこと」

ハイブランドのランウェイを歩くモデルさんですら「私には権限がない」と語ります。

俳優、女優、モデルなど、芸能の仕事をしている人は基本的には仕事は待ちのスタンス。石原さとみレベルの女優でも毎回やりたい役をやれるわけではありません。

スポンサーのご機嫌ひとつで仕事が吹っ飛んだりします。一時期のエリカ様のように、一つの事件がきっかけで干される可能性もあります。

国内のビーチやプールにも行くのも事務所から禁止されています。事務所によってはSNSでの写真投稿を制限されます。たくさんの人から憧れられる仕事ではありますが、自由も制限されるし、権限はない。

なので、圧倒的な美しさを持って生まれて、芸能の仕事で成功できたとしても、人生イージーモードとはならないと思いました。

兼業タレントを見ながら思うこと

東京で仕事をしていると、アルバイトをしながら芸能活動をしている兼業タレントに遭遇することがあります。

彼ら、彼女らはプロとして仕事をしているだけに圧倒的に美しいです。華奢な体に小さな顔。ツヤツヤな肌と髪。まさにDNAの宝くじに当たった美しい容姿。

しかし、圧倒的に美しく生まれたにも関わらず、オーディションを受け続けて、受からなければ仕事はもらえません。オーディションも急に入るので、もともと入ってた予定をキャンセルせざるをえなくなります。

なんどもオーディションを受けて、落ち続けて、やっと受かったオーディションで数万円のお金を手にするのです。

石原さとみレベルの売れっ子になれば、自動的に仕事は入ってきますが、ほとんどのタレントは「食えるか食えないか」の間をさまよっています。

人によっては、水商売、枕営業、愛人契約をしなければいけなくなるのもよくわかります…。

まとめ

言いたいこととしては、石原さとみの顔に生まれようが、スーパーモデル級のスタイルに生まれようが、美を仕事にする人は権限もないし、明日が保証されていない。

華やかな成功の裏にある苦労、競争は計り知れないということです。

結論:石原さとみは1日にして成らず

東京メトロがやってる、石原さとみにひたすら何かを食べさせ続けるYouTubeチャンネル(Find my Tokyo.)が素晴らしすぎるからぜひ見て。

<石原さとみといえばマイナビ>
マイナビジョブ20’s
20代の第二新卒に特化した求人をオススメしてくれる転職エージェント。新宿、名古屋、大阪に拠点があります。とにかくマイナビさんは対応が丁寧。自分に合った求人を紹介してくれるし、人材業界特有のオラオラ系キャリアアドバイザーがいないので話しやすいです。

<関連記事>
【就活の証明写真も撮れる】銀座のメイクアップ&フォトスタジオ「シルキア」が天国だった件

メンタリストDaiGoの『面接官の心を操れ!無敵の就職心理戦略』を 読んでみた

“オフィスカジュアルがよくわからない女子”に朗報!「ベルメゾン」で大人シックな通勤服が買えるぞ

同僚男子の視線集中!〝女が嫌いそうな女〟のオフィス○モテコーデ♡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で運営者ををフォローしよう!

 -コラム

  関連記事

【格安SIM】ドコモから楽天モバイルに変えたらスマホ代が5分の1になった

出典:youtube.com 目次1 楽天モバイルの感想2 楽天モバイルの契約は店舗とネットでできる

収入がちょっと上がってよかったこと・悪かったこと

目次1 前よりお金を稼げるようになってよかったこと2 気持ちの余裕ができる3 健康的な食生活ができる

そろそろ会社を辞めそうな人の特徴13選

目次1 「辞めたい」と口に出せるうちはまだ元気2 1:遅刻が増える3 2:タスク未消化のまま帰る4

うらやましい!仮眠スペースでお昼寝できる会社6選

目次1 15~20分程度のお昼寝で仕事の効率がアップ!2 株式会社コロプラ3 GMOインターネット株

社会人がSNSと上手に向き合う方法 〜別に意識高くなくてもいいんだよ〜

目次1 SNSの力はあなどれん2 でも別に、ガチでSNSやらなくてもよくね?3 社会人はどのようにS

人間関係が原因で転職してもいいの? 「どこに行っても嫌な人はいる説」について

目次1 職場の人間関係が悪化する理由2 人間関係が原因で仕事を辞めても良いの?3 人間関係を悪化させ

優良企業の求人が多い?転職エージェントのメリット・デメリット

目次1 転職エージェントと転職サイトどちらを使えば良いか2 転職エージェントとは3 転職エージェント

転職エージェントから優良求人を紹介してもらうには

目次1 転職エージェントから手厚いサービスを受けるには2 転職エージェントとの面談でも気を抜くな2.

月収15万円・残業代なし・リストラ宣告… 新卒入社1年目のエピソード

目次1 貧乏OL時代のエピソード2 面接のときと話が違う!3 残業代なし・月収15万円4 月収15万

【転職】20社面接を受けて良かったこと・悪かったこと

目次1 転職活動でヤケクソになった結果…2 20社の面接を受けてよかったこと3 20社の面接を受けて

転職したいけど時間がない!平日面接に行けない人はどうすればいいのか

目次1 転職したいけど時間がない1.1 平日しか面接してくれないのはおかしい?2 結論「嘘をついて休

そろそろ会社を辞めそうな人の特徴13選

目次1 「辞めたい」と口に出せるうちはまだ元気2 1:遅刻が増える3 2:タスク未消化のまま帰る4

仕事を辞めようか迷った時にできる「ちょっとした第一歩」

目次1 仕事を辞めたくなる理由2 仕事を辞めるか迷うのはなぜ?2.1 やりたいことがない2.2 転職

パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受ける動画が面白かった

目次1 パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受けてみた1.1 まずは自己紹介1.2 長所と短所1.3

大企業への転職なら「リクルートエージェント」がオススメ

目次1 転職エージェントといえば、リクルートエージェント2 リクルートエージェントのメリット・デメリ

志望動機が「商品のファンです!」だけじゃダメな理由

目次1 「御社の商品が好きです」だけじゃ採用されない?2 もちろん「好き」という気持ちは大事3 志望

「憧れの会社に入りたい」という理由で転職していいの?→実際行動してみた結果…

目次1 私が転職しようと思った理由1.1 表の転職理由・裏の転職理由2 とにかく一部上場企業にこだわ

【新卒時代の思い出話】営業は心が折れるけど、なんだかんだで役に立つ

目次1 私が新卒時代の話2 「営業ができない」が私の欠点だった3 営業部隊から外れることになった4

新卒の新入社員だった私へ贈る20の言葉

新卒の新入社員だった私へ 入社おめでとう。浪人も留年もせず大学を卒業して、無事正社員として内定をもら

面接で「転職理由はブラックだったから」と言っていいのか問題

目次1 「転職理由はブラックだからです」と面接で伝えていいのか2 個人的には「ブラックだから」と伝え

【転職】面接で遅刻・企業研究ゼロ・内定取る気ゼロでも受かる時は受かる

目次1 面接準備を入念にしても、落ちるときは落ちる2 いっけなーい!面接で遅刻遅刻う!!3 企業研究

【転職】「えっ…私のコミュ力低すぎ?」口下手の私が一次面接を通過できるようになるまで

目次1 絶望的なコミュニケーション能力不足で一次面接敗退2 面接の「コミュ力」とはすなわち「準備力」

「今日はどうやってここまで来ましたか」の就活面接本がツッコミどころ満載だった件

目次1 「今日はどうやってここまで来ましたか」のツイートが話題に2 Twitterで「今日はどうやっ

社会人がSNSと上手に向き合う方法 〜別に意識高くなくてもいいんだよ〜

目次1 SNSの力はあなどれん2 でも別に、ガチでSNSやらなくてもよくね?3 社会人はどのようにS