ベンチャーあるある?「好き」を原動力にした組織がブラック化しがちなワケ

      2019/06/05

「好き」を原動力にすると、ブラック労働にも耐えられる?

「好きなことだけで生きていけると思うなよ!」と言う大人もいますが、そんなことはありません。

日本に生まれた時点で、好きな仕事で生きていけるチャンスはたくさんあります。

「好き」を原動力に仕事をすると、生産性も向上しますし、「好き」を基準に仕事を選ぶことは一つの正解です。

逆に少しも「好き」という気持ちがなかったら、志望動機もろくに書けないのではないでしょうか。就職の際は「好きなこと」より「好きじゃないこと」を選ぶ方が難しい気がします。

しかし「好き」を原動力にした人たちで集まりすぎると、会社がブラック化することも……。

「好き」を仕事にしてみて気付いたこと

今回はなぜ「好き」を原動力にした集団がブラック化するのかについて、自分の実体験をもとに語っていきたいと思います。

私がスタートアップに入社したときの話になりますが、当時は「この仕事を絶対やりたい!」「この仕事がやれるなら薄給でもいい!」ぐらいに考えていました。

らーめん才遊記』のバイト面接のシーンに出てくるこいつみたいな感じです。

それに対する芹沢社長の名言。

会社もできたばかりで、なかなか人も集まらないので、社長も「こいつ、未経験だし使えるかわかんないけど、とりあえず雇ってみるか」みたいなノリだったのでしょう。

やりたい仕事に就けたことが嬉しすぎて、サビ残になっても「好きなことだからいいや」となり、土日も自主的に仕事をしたり、仕事のためのインプットをしていました。

「好き」を原動力に仕事をすると、良くも悪くも、バカになるんですよね。

普通の感覚を持った人との温度差

ある日、同時期に入社した同僚とランチしていたときのこと。同僚の口からは仕事がキツいだの、社長のノルマがえげつないだの、いろんな愚痴が出てきました。

同じ業務をこなしているのに、ここまで感じ方が違うことに驚きました。私としては「なんで?めっちゃ楽しいじゃん?」と思っていたのに、同僚は苦しそうだった。

その時に、好きを原動力にして仕事をしてる人とそうじゃない人の温度差を感じたのです。そして同期は耐えられなくなり会社を辞めます。

その後、新しく入社する人たちは大手企業から来る人も多く、「なんか面白そう」という気持ちを持っていました。お金よりも好きを原動力にしている人たちですね。

社長もそんな私たちを見て、「もっとこれやってくれ、あれやってくれ」と求めてくる要求が高くなってきます

しかし、いくら好きなことでも休息が少なく、上から要求されるものが大きすぎるとつぶれてしまいます。

冬になると体調不良で休む人が増えました。みんな手持ちの仕事でいっぱいいっぱいになっていて、新しい人が入ってきても、マネジメントをする余裕がありません。

会社の収益が改善してきても、新事業の投資に回されるので給料はよくならず、次第に社内はどんよりしはじめました。最初は「好き」を原動力にしていた人たちも辞めるようになってきました。

なんだかんだで、情熱は成長スピードを加速させる

とはいえ、「好き」を原動力にした人たちがたくさんいると、サービスは成長します。マーケットに需要がなさすぎると失敗することもありますが、情熱は成長スピードを加速させます。

大企業の新事業よりも、スタートアップの新事業の方がうまくいきやすいのは、情熱のある人が集まりやすいからです。

ゲーム業界を見ていただければわかると思いますが、「好き」を仕事にした人が集まることによって大きな成果を上げています。

体を休められる環境がなければ続かない

しかし、情熱があっても、自分の体は1つ。睡眠時間を取らなければ生産性は下がりますし、激務の日が続けば体調を崩すときだってあります。

私も、ちょっと仕事で負荷がかかったときに、不正出血が出てしまい、産婦人科に通わなければいけなくなってしまいました。

とくに女性にとってホルモンバランスの崩れは不妊の原因にもなるといわれているので、注意が必要です。

労働環境改善の必要性

どんなに好きなことでも、体を休められる環境がなければ仕事を続けることはできません。

20代でも、新卒〜数年まではまだ体力があるので良いですが、27歳を超えるとどんどんキツくなっていきます。

メンバーとしては、経営者に対して労働環境の改善を提案しなければならないし、経営者は社員が快適に働き続けられる環境を用意することを心がける必要があります。

また、会社に応募してくる人は全員が「好き」という情熱を持った人たちばかりだとは限りません。それぞれのモチベーションには温度差があります。

会社を大きくし、業務を円滑に進めるには、いろいろなタイプの人間を入社させる必要があります。

「労働環境を改善しないまま、情熱を持っている人だけ集める」ということを何年も続けると、たちまちブラック会社化してしまいます。

ブラックの噂が広まると、採用も難しくなりますし、「普通の感覚」を持った人も近寄りにくくなってしまいます。

学校の部活をイメージしてもらえるとわかりやすいと思うんですが、先輩たちが精神論の塊で動く人たちばかりだと、新入生としては「なんだあいつら…」って引きますよね。

スタートアップで働いてみたい人たちへ

最近、一部上場企業が平均8600円の賃上げとなったニュースが流れましたが、それでも結構大手からスタートアップに転職する人が多いです。

誰がやっても変わらない仕事より「自分がそれをやらなきゃいけないんだ」って「生きる実感」みたいなものを欲しがる人が増えているようですね。あとは単純に、上場企業だとしがらみが多いとか、大手すぎるとプロジェクトの進行が遅くて窮屈って聞きますね。

スタートアップはスピード感がありますし、事業がだんだん成長していくのを見るのが楽しいです。1人1人の影響力が大きくなるので、「このサービスの成長に貢献しているんだ!」という実感を得やすいです。

ただし、体は一つ。もし労働環境が改善しないようであれば、体調を崩す頻度も増えます。

メルカリのように、どんどん福利厚生が充実してホワイト企業になっていけば良いのですが、ずっと労働環境が劣悪な場合もあるのでご注意を。

フォロワーさんのご意見

<おすすめの記事>
転職を考えていなくても「キャリトレ」に登録しておいた方がいい理由

オススメの転職エージェント

■まず最初に登録すべき転職エージェント
リクルートエージェント
人材業界最大手のリクルートエージェントは全年齢・全職種対象なので、一番最初に登録するエージェントとしては適切です。土曜日の面談可・電話面談可なので平日忙しい方でもすぐに転職活動が開始できます。

■20代・第二新卒向けのエージェント
マイナビジョブ20’sウズキャリ
新卒入社1社目の会社が合わなかった方は、第二新卒向けの転職エージェントに登録されることをおすすめします。20代の求人に特化しているので、早く転職活動を終わらせたい若手は登録しておいて損はありません。対応が丁寧な会社はこの2社。

■求人数が多いエージェント
パソナキャリア
大手転職エージェントなだけに、求人数もトップクラス。全職種対象です。サポートも手厚く、ちょっとした疑問にも、親身になって丁寧に答えてくれます。拠点は関東、東北、北海道、甲信越、北陸、近畿、中国、四国、沖縄と全国を網羅しています。

■私が内定をゲットしたエージェント
ギークリー
Web、IT、ゲーム業界などのクリエイティブ分野に強いエージェント。私の経歴を見た上で、合った求人を都度ピックアップしていただきました。面接の前後はメールや電話で相談させていただき、企業の裏事情や面接のコツについて教えていただきました。年収交渉もしっかりとやってくれます。

■サポートが手厚いエージェント
マイナビエージェントマイナビクリエイター
とくにサポートが手厚い転職エージェント。各企業の裏事情についても教えていただけます。不安でいっぱいな面接前や、今後のキャリア相談も親身になって乗ってくださって本当に感謝しています。人材業界特有のギラギラしたキャリアアドバイザーがいないので話しやすいです。

<関連記事>
「憧れの会社に入りたい」という理由で転職していいの?→実際行動してみた結果…

志望動機が「商品のファンです!」だけじゃダメな理由

人間関係が原因で転職してもいいの? 「どこに行っても嫌な人はいる説」について

 

Twitter で運営者(凛乃子)をフォローしよう!

 -就活, 転職

  関連記事

こんな会社はヤバい! ブラック企業の特徴と見分け方をプロに聞いてみた

目次1 ブラック企業に入りたくない人は多い2 ブラック企業の定義3 長時間労働の会社はブラック企業だ

「仕事辞めたい…」私が会社を退職したくなる10の理由

目次1 仕事を辞めたくなる理由トップ101.1 1.人間関係が悪かったとき1.2 2.夜中にサーバの

メンタリストDaiGoの『面接官の心を操れ!無敵の就職心理戦略』を 読んでみた

目次1 面接官の心を操れ!無敵の就職心理戦略2 面接に役立つ実践的テクニック2.1 面接官は「好感度

キャリア相談もできる転職サイト「リブズキャリア」の使い勝手が結構よかった

目次1 LiBzCAREER(リブズキャリア)のメリット2 LiBzCAREER(リブズキャリア)の

【就活/転職】Wantedlyはライトに使え!(学生インターンや主婦バイトも探せるよ)

目次1 SNSと求人が合わさった「ウォンテッドリー」2 【いきなり結論】ウォンテッドリーは補助的に使

大企業への転職なら「リクルートエージェント」がオススメ

目次1 転職エージェントといえば、リクルートエージェント2 リクルートエージェントのメリット・デメリ

‪【実際に使ってた転職サイト3選】面接確約オファーが貰えるとこが圧倒的に楽‬

目次1 使っていた転職サイトについて2 Green(グリーン)3 キャリトレ4 Wantedly(ウ

【転職】面接で緊張しないコツは…「脳内に○○を飼え!」

目次1 面接は緊張して当たり前1.1 まったく緊張していないと逆に怪しまれる?2 脳内に松岡修造を飼

転職サイトよりも転職エージェントをメインに使う企業の裏事情

目次1 会社によって応募者の集め方はだいぶ違う2 企業がエージェントを活用するメリット3 転職サイト

転職活動中の病みツイートまとめ(2)「今までで一番上手くいった面接だった!」→落ちました

目次1 転職活動中の病みツイート(2)2 オススメの転職エージェント 転職活動中の病みツイート(2)

転職を考えていなくても「キャリトレ」に登録しておいた方がいい理由

目次1 キャリトレ(旧キャリアトレック)を登録しっぱなしにしていたら…2 キャリトレとは3 転職を検

女性にオススメの転職サービス3選【事務職・受付・総務など】

目次1 女性向けの求人を探すには?2 優良企業の求人を掲載!女性におすすめの転職サイト2.1 ①キャ

【目指せ高収入】サラリーマンで年収1000万円を狙える企業・職種とは

目次1 どうすれば年収1000万円を実現できるのか2 年収1000万円の人の全体的な割合2.1 サラ

【しくじり転職エピソード】無職~日雇いバイト時代に感じた後悔【なぜか一攫千金を狙う低所得者】

目次1 新卒で入った会社を辞め、無職になったあの頃2 低所得者はなぜか一攫千金を狙う3 日雇いバイト

第二新卒のフリーターから正社員になる方法とオススメの転職支援サービス

目次1 【相談】第二新卒のフリーターから正社員になれるのか?1.1 転職エージェントについて1.2

こんな会社はヤバい! ブラック企業の特徴と見分け方をプロに聞いてみた

目次1 ブラック企業に入りたくない人は多い2 ブラック企業の定義3 長時間労働の会社はブラック企業だ

新卒社員に伝えたい「就活に失敗はない」という話

目次1 就活に失敗はない2 寄り道したからこそ出会える人、身に付くスキルがある3 踏ん張るからこそ見

【徹底比較】転職エージェントおすすめランキングTOP7 ~ここさえ登録しとけば大丈夫~

目次1 転職エージェントおすすめランキング2 1位 マイナビジョブ20’s3 2位 リク

「まずは転職のお悩み相談をしたい」でもOK!20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント「マイナビジョブ20’s」インタビュー

目次1 はじめての転職活動が不安ならプロに相談すべし!2 第二新卒向けの人材サービスをはじめたきっか

20代の転職に「マイナビ系転職エージェント」をオススメする理由

目次1 転職エージェントを使うメリット2 良いエージェントの条件3 私にとっての良いエージェントは「

人間関係が原因で転職してもいいの? 「どこに行っても嫌な人はいる説」について

目次1 職場の人間関係が悪化する理由2 人間関係が原因で仕事を辞めても良いの?3 人間関係を悪化させ

優良企業の求人が多い?転職エージェントのメリット・デメリット

目次1 転職エージェントと転職サイトどちらを使えば良いか2 転職エージェントとは3 転職エージェント

転職エージェントから優良求人を紹介してもらうには

目次1 転職エージェントから手厚いサービスを受けるには2 転職エージェントとの面談でも気を抜くな2.

【転職】20社面接を受けて良かったこと・悪かったこと

目次1 転職活動でヤケクソになった結果…2 20社の面接を受けてよかったこと3 20社の面接を受けて

転職したいけど時間がない!平日面接に行けない人はどうすればいいのか

目次1 転職したいけど時間がない1.1 平日しか面接してくれないのはおかしい?2 結論「嘘をついて休

そろそろ会社を辞めそうな人の特徴13選

目次1 「辞めたい」と口に出せるうちはまだ元気2 1:遅刻が増える3 2:タスク未消化のまま帰る4

仕事を辞めようか迷った時にできる「ちょっとした第一歩」

目次1 仕事を辞めたくなる理由2 仕事を辞めるか迷うのはなぜ?2.1 やりたいことがない2.2 転職

パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受ける動画が面白かった

目次1 パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受けてみた1.1 まずは自己紹介1.2 長所と短所1.3

職務経歴書はES並の重要度!?書類にシビアな採用担当の話

目次1 職務経歴書を作り込む目的2 職務経歴書がES並に重要な理由3 職務経歴書で気を抜くな!4 職

大企業への転職なら「リクルートエージェント」がオススメ

目次1 転職エージェントといえば、リクルートエージェント2 リクルートエージェントのメリット・デメリ

志望動機が「商品のファンです!」だけじゃダメな理由

目次1 「御社の商品が好きです」だけじゃ採用されない?2 もちろん「好き」という気持ちは大事3 志望

「憧れの会社に入りたい」という理由で転職していいの?→実際行動してみた結果…

目次1 私が転職しようと思った理由1.1 表の転職理由・裏の転職理由2 とにかく一部上場企業にこだわ

【新卒時代の思い出話】営業は心が折れるけど、なんだかんだで役に立つ

目次1 私が新卒時代の話2 「営業ができない」が私の欠点だった3 営業部隊から外れることになった4

【転職】トントン拍子で内定を貰えた理由について考えてみた

目次1 なぜ内定をもらえたのか2 社内の課題はどうやって知るの?3 組織づくりについて4 オススメの

新卒の新入社員だった私へ贈る20の言葉

新卒の新入社員だった私へ 入社おめでとう。浪人も留年もせず大学を卒業して、無事正社員として内定をもら

【就活】面接官はなぜ「あなたが学生時代に一番力を入れたことはなんですか」と聞くのか

目次1 就活生の面接時に見極められるポイント2 採用担当からは「行動事実」を見られる3 「行動事実」

「職務経歴書」は見やすさ命 書類選考通過率が上がるコツを解説

目次1 書類選考が通りやすくなる職務経歴書を作ろう2 わかりやすい職務経歴書とは3 職務経歴書の雛形

面接で「転職理由はブラックだったから」と言っていいのか問題

目次1 「転職理由はブラックだからです」と面接で伝えていいのか2 個人的には「ブラックだから」と伝え

【転職】面接で遅刻・企業研究ゼロ・内定取る気ゼロでも受かる時は受かる

目次1 面接準備を入念にしても、落ちるときは落ちる2 いっけなーい!面接で遅刻遅刻う!!3 企業研究

社風に合う・合わないって何?面接で立ちはだかる「カルチャーフィットの壁」

目次1 面接で立ちはだかる「社風に合う・合わない」の壁2 カルチャーフィットとは3 カルチャーフィッ

【転職】え…中途採用でも学歴を見られるの…? 面接で言われた「○○大卒なんですね〜」

目次1 中途採用でも学歴を見られまくるという現実2 中途採用でも学歴は合否に関わるのか3 採用担当者

「えっ…私のコミュ力低すぎ?」口下手の私が一次面接を通過できるようになるまで

目次1 絶望的なコミュニケーション能力不足で一次面接敗退2 面接の「コミュ力」とはすなわち「準備力」

【2020年度版】簡単な副業で年収プラス20万円稼ぐ方法

目次1 前澤さんの100万円が外れても、自分で稼げばいいじゃない2 てか、リアルに1~2万円ほしいよ

【ガチレビュー】フレイアクリニックでひざ下脱毛したら、脚がつるぴかになった話

目次1 ムダ毛処理はどの季節も過酷2 レジーナとフレイアはレーザーが違う3 そうだ!フレイアでひざ下

迷い犬を拾ってから飼い主さんが見つかるまでの経緯と、マイクロチップ「AIPO」「FAM」の違い

※記事中の画像はイメージです。 目次1 迷子犬を拾ってから飼い主さんが見つかるまで2 迷子犬を保護し

フレックスタイム制度あり・リモート可の会社はいいぞ!~通勤時間と幸福度の関係~

目次1 朝の通勤ラッシュがしんどすぎる……2 通勤時間が短くなった! 会社と家が近いって最高!2.1