「憧れの会社に入りたい」という理由で転職していいの?→実際行動してみた結果…

      2018/07/28

憧れの会社

私が転職しようと思った理由

転職ネタをツイートするようになってから、色んな就活生や転職希望者から就職に関するお悩み相談やご質問をいただく機会が増えました。

とくによく聞かれるのが「なぜ転職しようと思ったのですか?」というもの。理由はいろいろありますが、本音の部分は「憧れの企業で働きたい❤️」みたいな不純な動機です。

というわけで今日は、私の「そうだ、転職しよう」と思った理由と、転職活動中に気付いたことについて話したいと思います。

表の転職理由・裏の転職理由

面接担当からも必ず聞かれる転職の動機。私はこんな風に答えていました。

【表の理由】
・新しいことがやりたくなった
・今までのスキルも生かしたい
・今いる会社ではできないことをやりたくなった

本当にそう思っていたことではあったのですが、面接担当には言わない裏の事情もいろいろありました。

【裏の理由】
・ベンチャーで全力出すのが体力的にキツくなってきた
・年齢的に転職価値があるうちに転職したかった
・上場企業の好業績が相次いでいたので、おこぼれにあやかりたかった
・空前の求職者売り手市場で、今ならイージーモードで転職できると思った
・結婚を考慮に入れたライフスタイルに移行したかった
・上場企業に入ってみたかった
・綺麗なオフィスでキラキラ働いてみたかった
・福利厚生のいい会社で健康的に働きたかった
・家賃払いたくない!家賃補助がほしい!
・家から近い会社で働きたかった
・年収アップしたい!とにかく金がほしい!
・社食が無料、もしくは激安な会社で働きたかった
・フリースペースで仮眠していい会社で働きたい
・モテてチヤホヤされそうな会社に入りたい

どうでしょう。欲望まみれな内容ですね〜〜!

ハイスペ様と付き合いたい〜!って言ってるゆるふわJDや、モテたいから商社に入るフットボール部の男ととあまりかわりません。

要するに、「お金ほしいから、とりあえず景気が良くてビジネスモデルがしっかりした大きな会社入りたい」ということです。やっぱ金、大事。

職場の人間関係が悪いとか、仕事が嫌だったとかそういうのはなかったんですよ。上司にもかわいがっていただいていたので、上司がクソ!とかいうのもなかったですね。

なので、「転職しない」という選択肢も考慮に入れていました。

とにかく一部上場企業にこだわっていた

私が転職活動をしていた2017年は空前株価右肩上がり。

「好決算の上場企業に便乗してやるぜ〜〜〜!」と意気込み、一部上場企業ばかり受けていました。たまにマザーズもありましたけど「なんだマザーズかぁ」という気持ちで受けに行ってました(失礼極まりない)。

いろいろな会社のIRページの決算資料やニュースリリースも読みました。

一部上場企業に書類選考が通ったときは「勝ったどーーー!」という気持ちになっていました。

大手企業に挑んで気づいたこと

しかし、一部上場企業や老舗の大手企業に挑んでいる最中に気づいたことも色々ありました。

・上場した意味があるのか不明な会社が多い
・親会社の言いなり子会社に限って役員が偉そう
・収益が安定しすぎた会社はぬるま湯オーラがすごい
・ホワイト企業をうたっているのに、ろくに寝てなさそうな男性がいる
・内勤の男性が汚らしい
・超綺麗なオフィスに時給1000円のバイトを大量に囲ってこき使っている
・面接に必ず、ここにいる意味があるのかわからない全然喋らない奴がついてくる
・いつ訴えられてもおかしくないパクリ事業ばかりしている
・「社内政治がうまくないと出世できない」と言われた
・意味があるのかよくわからない株主向けニュースリリースを出している

あれ……、こいつらたいしたことなくね?

なんていうか、そこまで凄みを感じる人もいなかったし、普通か偉そうかどっちか……。前に記事化した「地雷面接官」もだいたい一部上場とかの大手にいました。

<関連記事>
こんな会社いやだ!転職活動で遭遇した地雷面接官

きっと大手は優秀で人格も素晴らしい人が多いにちがいない!というイメージや憧れはさーっとなくなりました。

仕事で出会う大手の人は優秀で礼儀正しい方が多かったのですが……。社外の人とやりとりする部署の方と、採用担当するようなバックオフィスの方たちはちょっと違うのかもしれないですね。

それでも、福利厚生の良い会社に入りたかった

大手に対する幻想はぶっ壊れましたが、それでも福利厚生がきっちりしていて、オフィスが綺麗な会社に入りたくて、とにかくそれを目指しました。

だってね、働く環境大事ですよ!通勤時間含めたら1日10時間は拘束されるんですよ!!「絶対、今よりも働く環境をグレードアップするんだ!!」という思いで転職活動をしていました。

それで結局、自分の望む条件にほとんど一致した会社と出会ってめでたくゴールイン(入社)できたわけです。

理想の希望年収には届いていなかったのですが、色々経費で落とせますし、昼食も安く食べれますし、条件揃えば家賃補助もいただけますし、オフィスも綺麗で家からも近いので、たいへん納得のいく転職活動ができたと感じました。

まとめ

言いたいこととしてはこちら。

憧れでも不純な動機でもいいから、自分の欲望を明確にして、まずは行動することが大事。そこから気付きを得ることも多い。百聞は一見にしかず。

「憧れで会社を選んでいいの?」と悩む方も多いと思うのですが、憧れで受けて全然良いです!

もともと良いイメージを持っていた会社の方が受ける時のモチベーションも上がりますし、実際行動してみて、その会社や中の人と触れることで、イメージとギャップがないか、自分とあってるかどうかを確認できます。

「イメージと違う」とか「がっかりした」と思うこともあります。でも、そういう幻想をぶっ壊してく作業も人生においては重要です。

転職に限らず、いろんなことに言えることではありますが、「こうしたい!」と思うことがあったら、まずは行動してみることをおすすめします。

オススメの転職エージェント

■まず最初に登録すべき転職エージェント
リクルートエージェント
人材業界最大手のリクルートエージェントは全年齢・全職種対象なので、一番最初に登録するエージェントとしては適切です。土曜日の面談可・電話面談可なので平日忙しい方でもすぐに転職活動が開始できます。

■求人数が多いエージェント
パソナキャリア
大手転職エージェントなだけに、求人数もトップクラス。全職種対象です。サポートも手厚く、ちょっとした疑問にも、親身になって丁寧に答えてくれます。拠点は関東、東北、北海道、甲信越、北陸、近畿、中国、四国、沖縄と全国を網羅しています。

■サポートが手厚いエージェント
マイナビクリエイター
筆者イチオシの神対応転職エージェント。Web・ゲーム業界に特化していて、各企業の裏事情についても教えていただけます。拠点は新宿駅直結でアクセスが便利。不安でいっぱいな面接前や、今後のキャリア相談も親身になって乗ってくださって本当に感謝しています。人材業界特有のギラギラしたキャリアアドバイザーがいないので話しやすいです。

グループ会社のマイナビエージェント、エンジニアの転職に特化したマイナビエージェント×IT、20代・第二新卒向けのマイナビジョブ20’sも対応が丁寧なので、オススメです。

■私が内定をゲットしたエージェント
ギークリー
Web、IT、ゲーム業界などのクリエイティブ分野に強いエージェント。私の経歴を見た上で、合った求人を都度ピックアップしていただきました。面接の前後はメールや電話で相談させていただき、企業の裏事情や面接のコツについて教えていただきました。年収交渉もしっかりとやってくれます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で運営者ををフォローしよう!

 -転職,

  関連記事

転職にベストな時期って? 4〜5月が穴場と言われる理由はなぜ?

目次1 転職にベストな時期って?2 4〜5月に求人を出す会社は採用意欲が高め3 みんな忙しい時期だか

スタートアップあるある?「好き」を原動力にした組織がブラック化しがちなワケ

目次1 「好き」を原動力にすると、ブラック労働にも耐えられる?2 「好き」を仕事にしてみて気付いたこ

転職エージェントから優良求人を紹介してもらうには

目次1 転職エージェントから手厚いサービスを受けるには2 転職エージェントとの面談でも気を抜くな2.

【転職】面接で遅刻・企業研究ゼロ・内定取る気ゼロでも受かる時は受かる

目次1 面接準備を入念にしても、落ちるときは落ちる2 いっけなーい!面接で遅刻遅刻う!!3 企業研究

就活でも転職でもOB訪問は大事ーー企業の中の人に会えるなら会っとけ!

目次1 企業の中の人に会うことのメリット2 企業の中の人に会うことでわかったこと2.1 待遇や求める

パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受ける動画が面白かった

目次1 パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受けてみた1.1 まずは自己紹介1.2 長所と短所1.3

年収UP!「ビズリーチ」のプレミアムスカウトは本当にプレミアムだった

目次1 ビズリーチの口コミ・感想2 ビズリーチとは3 ビズリーチのメリット・デメリットはこちら3.1

「女でも社名モテってあるよね…」 無名企業から有名企業に入って思ったこと

目次1 無名企業→有名企業に転職して起きた出来事2 社名効果で転職も有利に?3 優しい人こそ大企業を

志望動機が「商品のファンです!」だけじゃダメな理由

目次1 「御社の商品が好きです」だけじゃ採用されない?2 もちろん「好き」という気持ちは大事3 志望

「会社は学校じゃねえんだよ」 クリエイター職に経験者が求められるワケ

出典:abema.tv このAbemaのドラマ、ちょっと見てみたいですね。 目次1 「石の上にも3年

人間関係が原因で転職してもいいの? 「どこに行っても嫌な人はいる説」について

目次1 職場の人間関係が悪化する理由2 人間関係が原因で仕事を辞めても良いの?3 人間関係を悪化させ

優良企業の求人が多い?転職エージェントのメリット・デメリット

目次1 転職エージェントと転職サイトどちらを使えば良いか2 転職エージェントとは3 転職エージェント

転職エージェントから優良求人を紹介してもらうには

目次1 転職エージェントから手厚いサービスを受けるには2 転職エージェントとの面談でも気を抜くな2.

月収15万円・残業代なし・リストラ宣告… 新卒入社1年目のエピソード

目次1 貧乏OL時代のエピソード2 面接のときと話が違う!3 残業代なし・月収15万円4 月収15万

【転職】20社面接を受けて良かったこと・悪かったこと

目次1 転職活動でヤケクソになった結果…2 20社の面接を受けてよかったこと3 20社の面接を受けて

転職したいけど時間がない!平日面接に行けない人はどうすればいいのか

目次1 転職したいけど時間がない1.1 平日しか面接してくれないのはおかしい?2 結論「嘘をついて休

そろそろ会社を辞めそうな人の特徴13選

目次1 「辞めたい」と口に出せるうちはまだ元気2 1:遅刻が増える3 2:タスク未消化のまま帰る4

仕事を辞めようか迷った時にできる「ちょっとした第一歩」

目次1 仕事を辞めたくなる理由2 仕事を辞めるか迷うのはなぜ?2.1 やりたいことがない2.2 転職

パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受ける動画が面白かった

目次1 パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受けてみた1.1 まずは自己紹介1.2 長所と短所1.3

大企業への転職なら「リクルートエージェント」がオススメ

目次1 転職エージェントといえば、リクルートエージェント2 リクルートエージェントのメリット・デメリ

志望動機が「商品のファンです!」だけじゃダメな理由

目次1 「御社の商品が好きです」だけじゃ採用されない?2 もちろん「好き」という気持ちは大事3 志望

「憧れの会社に入りたい」という理由で転職していいの?→実際行動してみた結果…

目次1 私が転職しようと思った理由1.1 表の転職理由・裏の転職理由2 とにかく一部上場企業にこだわ

【新卒時代の思い出話】営業は心が折れるけど、なんだかんだで役に立つ

目次1 私が新卒時代の話2 「営業ができない」が私の欠点だった3 営業部隊から外れることになった4

新卒の新入社員だった私へ贈る20の言葉

新卒の新入社員だった私へ 入社おめでとう。浪人も留年もせず大学を卒業して、無事正社員として内定をもら

面接で「転職理由はブラックだったから」と言っていいのか問題

目次1 「転職理由はブラックだからです」と面接で伝えていいのか2 個人的には「ブラックだから」と伝え

【転職】面接で遅刻・企業研究ゼロ・内定取る気ゼロでも受かる時は受かる

目次1 面接準備を入念にしても、落ちるときは落ちる2 いっけなーい!面接で遅刻遅刻う!!3 企業研究

【転職】「えっ…私のコミュ力低すぎ?」口下手の私が一次面接を通過できるようになるまで

目次1 絶望的なコミュニケーション能力不足で一次面接敗退2 面接の「コミュ力」とはすなわち「準備力」

「今日はどうやってここまで来ましたか」の就活面接本がツッコミどころ満載だった件

目次1 「今日はどうやってここまで来ましたか」のツイートが話題に2 Twitterで「今日はどうやっ

社会人がSNSと上手に向き合う方法 〜別に意識高くなくてもいいんだよ〜

目次1 SNSの力はあなどれん2 でも別に、ガチでSNSやらなくてもよくね?3 社会人はどのようにS