職務経歴書はES並の重要度!?書類にシビアな採用担当の話

      2018/08/18

職務経歴書を作り込む目的

以前書いた記事では、パッと見でわかりやすい職務経歴書を書くべき理由についてお話させていただきました。

<関連記事>
「職務経歴書」は見やすさ命 書類選考通過率が上がるコツを解説

書類選考を行う人事担当は、毎日転職エージェントから送られてくる、何十、何百の職務経歴書を見なければいけないので、パッと見でわかりにくい内容だと書類選考の時点で落とされてしまいます。

そして、職務経歴書をしっかりと作り込む目的は「書類選考に通りやすくするため」だけではありません。

実は、職務経歴書は新卒の就活でいうと、ES(エントリーシート)並の重要性を持っているのです。その理由について今日は解説していきます。

職務経歴書がES並に重要な理由

転職の職務経歴書が新卒の就活でいうES(エントリーシート)並に重要な理由、それは書類選考、一次面接、二次面接、最終面接と、多数の担当者が目を通す書類だからです。

中途採用の面接に行かれた方ならわかると思いますが、面接の最中は各担当が職務経歴書をチラ見しながら進めますよね。

「書類選考が通った後は、書類の内容について心配する必要はない」と思ってはいけません。

これは面接を担当している方に聞いた話なのですが、なんと「職務経歴書の文体に違和感を感じたら落とす」と言っていました。その方はとくに文章にシビアな方で、一行の中で同じ単語を2回連続して使っていたり、ら抜き言葉を使っていたら「なんか気持ち悪い」と感じてNGにするとのこと。

かなり理不尽ですが、そういう方もいるのです。もちろん、業界や担当者にもよりますが、とくに広告代理店のような、プレゼン資料を多く作る業界では文章をシビアに見られます。

営業職でも、企画書やセールスレターを書く機会の多い会社だと文体を厳しく見られます。大人で文章の日本語が変な方は、教育してもなかなか直らないので、雇った後のリスクを見られて不合格にされることがあります。

職務経歴書で気を抜くな!

先ほどもお話したように、転職活動では書類選考を行う人事担当だけでなく、各面接担当やその会社の役員にも刺さる職務経歴書を作る必要があります。

「経歴を説明できてればいいんでしょ?」と甘く考えずに、しっかりと作り込んでいきましょう。

職務経歴書の書き方のコツはこちら↓

<関連記事>
「職務経歴書」は見やすさ命 書類選考通過率が上がるコツを解説

もちろん、職務経歴書の重要度は会社によって違います。「書類はあまり見ず、面接だけで判断する」という会社もありますね。でも、そういった内部事情は応募して、選考が進むまでわかりません。

面接担当の中に1人でも書類の作り方にシビアな人がいると不合格になる可能性が高まります。職務履歴書をしっかりと作り込むことで、損することはありません。

一度ちゃんとした職務経歴書を作ってしまえば、あとはある程度使いまわせるので、時間が取れる日に踏ん張って書いていきましょう。

ここで頑張れれば書類選考通過率も格段にアップしますし、採用担当からの印象もアップするのでいいことづくめです。

職務経歴書をプロに添削してもらおう

職務経歴書の書き方は、Googleで検索すればいくらでも出てきますが、真似しすぎるとコピペっぽい文章になってしまったり、気づかないうちに変な日本語を使ってしまうこともあります。

自分で自分の作った職務経歴書を客観視して見ることは至難の技。それならいっそプロに見てもらいましょう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーに添削してもらうというのも一つの手段です。

しかし、転職エージェントのキャリアアドバイザーは職務経歴書の添削作業を進んでやってくれない人も多いです。「絶対ここ直したほうがいいですよ!」ってガンガン言ってくださる人もいますが、こちらからアプローチをかけないと添削してくれないことも。普通に考えたらめんどくさい作業ですしね。

キャリアアドバイザーから添削のアドバイスがなかった場合は、こちらから添削のお願いをすることをおすすめします。

ちなみに、職務経歴書の添削に強い転職エージェントは「ワークポート」。経歴の中でとくにアピールすべきポイントや、数字実績の記載方法まで、細かくアドバイスをしていただけます。

転職エージェント以外では、各専門家の知識やスキルが買えるサービス「ココナラ」でも、キャリアアドバイザーの方や、転職経験の多いジョブホッパーの方添削してもらうことが可能です。

価格はピンキリで1企業につき、500円〜7000円程度。各職種に特化した方がいらっしゃいます。

転職エージェントを通さずに転職活動をされる方は、こういったサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

フォロワーのてんてんさんのご意見

オススメの転職エージェント

■まず最初に登録すべき転職エージェント
リクルートエージェント
人材業界最大手のリクルートエージェントは全年齢・全職種対象なので、一番最初に登録するエージェントとしては適切です。土曜日の面談可・電話面談可なので平日忙しい方でもすぐに転職活動が開始できます。

■20代・第二新卒向けのエージェント
マイナビジョブ20’sウズキャリ
新卒入社1社目の会社が合わなかった方は、第二新卒向けの転職エージェントに登録されることをおすすめします。20代の求人に特化しているので、早く転職活動を終わらせたい若手は登録しておいて損はありません。対応が丁寧な会社はこの2社。

■求人数が多いエージェント
パソナキャリア
大手転職エージェントなだけに、求人数もトップクラス。全職種対象です。サポートも手厚く、ちょっとした疑問にも、親身になって丁寧に答えてくれます。拠点は関東、東北、北海道、甲信越、北陸、近畿、中国、四国、沖縄と全国を網羅しています。

■私が内定をゲットしたエージェント
ギークリー
Web、IT、ゲーム業界などのクリエイティブ分野に強いエージェント。私の経歴を見た上で、合った求人を都度ピックアップしていただきました。面接の前後はメールや電話で相談させていただき、企業の裏事情や面接のコツについて教えていただきました。年収交渉もしっかりとやってくれます。

■サポートが手厚いエージェント
マイナビエージェントマイナビクリエイター
とくにサポートが手厚い転職エージェント。各企業の裏事情についても教えていただけます。不安でいっぱいな面接前や、今後のキャリア相談も親身になって乗ってくださって本当に感謝しています。人材業界特有のギラギラしたキャリアアドバイザーがいないので話しやすいです。

 

Twitter で運営者(凛乃子)をフォローしよう!

 -転職,

  関連記事

【転職】私が内定をゲットしたエージェントは○○○○○社

目次1 転職で使った求人サイトについて2 内定をゲットした転職エージェントについて 転職で使った求人

パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受ける動画が面白かった

目次1 パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受けてみた1.1 まずは自己紹介1.2 長所と短所1.3

優良企業の求人が多い?転職エージェントのメリット・デメリット

目次1 転職エージェントと転職サイトどちらを使えば良いか2 転職エージェントとは3 転職エージェント

大企業への転職なら「リクルートエージェント」がオススメ

目次1 転職エージェントといえば、リクルートエージェント2 リクルートエージェントのメリット・デメリ

転職活動中の病みツイートまとめ(2)「今までで一番上手くいった面接だった!」→落ちました

目次1 転職活動中の病みツイート(2)2 オススメの転職エージェント 転職活動中の病みツイート(2)

メンタリストDaiGoの『面接官の心を操れ!無敵の就職心理戦略』を 読んでみた

目次1 面接官の心を操れ!無敵の就職心理戦略2 面接に役立つ実践的テクニック2.1 面接官は「好感度

志望動機が「商品のファンです!」だけじゃダメな理由

目次1 「御社の商品が好きです」だけじゃ採用されない?2 もちろん「好き」という気持ちは大事3 志望

転職したいけど時間がない!平日面接に行けない人はどうすればいいのか

目次1 転職したいけど時間がない1.1 平日しか面接してくれないのはおかしい?2 結論「嘘をついて休

転職を考えていなくても「キャリトレ」に登録しておいた方がいい理由

目次1 キャリトレ(旧キャリアトレック)を登録しっぱなしにしていたら…2 キャリトレとは3 転職を検

【究極の選択】複数内定を貰ったら、どの会社を選べばいいの?

目次1 複数内定を貰った場合、どの会社を選べばいい?1.1 自分のキャリアプランと合うかどうか1.2

転職を考えていなくても「キャリトレ」に登録しておいた方がいい理由

目次1 キャリトレ(旧キャリアトレック)を登録しっぱなしにしていたら…2 キャリトレとは3 転職を検

女性向け転職サービス「リブズキャリア」のメリット・デメリット

目次1 LiBzCAREER(リブズキャリア)のメリット2 LiBzCAREER(リブズキャリア)の

人間関係が原因で転職してもいいの? 「どこに行っても嫌な人はいる説」について

目次1 職場の人間関係が悪化する理由2 人間関係が原因で仕事を辞めても良いの?3 人間関係を悪化させ

優良企業の求人が多い?転職エージェントのメリット・デメリット

目次1 転職エージェントと転職サイトどちらを使えば良いか2 転職エージェントとは3 転職エージェント

転職エージェントから優良求人を紹介してもらうには

目次1 転職エージェントから手厚いサービスを受けるには2 転職エージェントとの面談でも気を抜くな2.

月収15万円・残業代なし・リストラ宣告… 新卒入社1年目のエピソード

目次1 貧乏OL時代のエピソード2 面接のときと話が違う!3 残業代なし・月収15万円4 月収15万

【転職】20社面接を受けて良かったこと・悪かったこと

目次1 転職活動でヤケクソになった結果…2 20社の面接を受けてよかったこと3 20社の面接を受けて

転職したいけど時間がない!平日面接に行けない人はどうすればいいのか

目次1 転職したいけど時間がない1.1 平日しか面接してくれないのはおかしい?2 結論「嘘をついて休

そろそろ会社を辞めそうな人の特徴13選

目次1 「辞めたい」と口に出せるうちはまだ元気2 1:遅刻が増える3 2:タスク未消化のまま帰る4

仕事を辞めようか迷った時にできる「ちょっとした第一歩」

目次1 仕事を辞めたくなる理由2 仕事を辞めるか迷うのはなぜ?2.1 やりたいことがない2.2 転職

パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受ける動画が面白かった

目次1 パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受けてみた1.1 まずは自己紹介1.2 長所と短所1.3

職務経歴書はES並の重要度!?書類にシビアな採用担当の話

目次1 職務経歴書を作り込む目的2 職務経歴書がES並に重要な理由3 職務経歴書で気を抜くな!4 職

大企業への転職なら「リクルートエージェント」がオススメ

目次1 転職エージェントといえば、リクルートエージェント2 リクルートエージェントのメリット・デメリ

志望動機が「商品のファンです!」だけじゃダメな理由

目次1 「御社の商品が好きです」だけじゃ採用されない?2 もちろん「好き」という気持ちは大事3 志望

「憧れの会社に入りたい」という理由で転職していいの?→実際行動してみた結果…

目次1 私が転職しようと思った理由1.1 表の転職理由・裏の転職理由2 とにかく一部上場企業にこだわ

【新卒時代の思い出話】営業は心が折れるけど、なんだかんだで役に立つ

目次1 私が新卒時代の話2 「営業ができない」が私の欠点だった3 営業部隊から外れることになった4

【転職】トントン拍子で内定を貰えた理由について考えてみた

目次1 なぜ内定をもらえたのか2 社内の課題はどうやって知るの?3 組織づくりについて4 オススメの

新卒の新入社員だった私へ贈る20の言葉

新卒の新入社員だった私へ 入社おめでとう。浪人も留年もせず大学を卒業して、無事正社員として内定をもら

【就活】新卒採用の面接では「行動結果」を見られる

目次1 新卒の面接時に見極められるポイント2 採用担当からは「行動事実」を見られる3 「行動事実」を

「職務経歴書」は見やすさ命 書類選考通過率が上がるコツを解説

目次1 書類選考が通りやすくなる職務経歴書を作ろう2 わかりやすい職務経歴書とは3 職務経歴書の雛形

面接で「転職理由はブラックだったから」と言っていいのか問題

目次1 「転職理由はブラックだからです」と面接で伝えていいのか2 個人的には「ブラックだから」と伝え

【転職】面接で遅刻・企業研究ゼロ・内定取る気ゼロでも受かる時は受かる

目次1 面接準備を入念にしても、落ちるときは落ちる2 いっけなーい!面接で遅刻遅刻う!!3 企業研究

【就活/転職】面接で立ちはだかる「カルチャーフィットの壁」 対策方法はあるのか専門家に聞いてみた

目次1 面接で立ちはだかる「カルチャーフィット」という壁2 カルチャーフィットとは3 カルチャーフィ

【転職】え…中途採用でも学歴を見られるの…? 面接で言われた「○○大卒なんですね〜」

目次1 中途採用でも学歴を見られまくるという現実2 中途採用でも学歴は合否に関わるのか3 採用担当者

【転職】「えっ…私のコミュ力低すぎ?」口下手の私が一次面接を通過できるようになるまで

目次1 絶望的なコミュニケーション能力不足で一次面接敗退2 面接の「コミュ力」とはすなわち「準備力」

【保存版】いちご鼻の毛穴ケアに効果があった治療法まとめ(コスメ・エステ・クリニック一覧)

目次1 いちご鼻のケア方法2 【美容皮膚科】湘南美容クリニック ウルトラ美白レーザー3 【美容皮膚科

大卒ニート・フリーターから正社員になる最短ルート!? ジェイックの「営業カレッジ」とは

目次1 「ジェイック」に行ってきた2 意外と多い既卒・大卒フリーター3 既卒の内定率がアップ!ジェイ

「なんてオシャレなんだ…」 東京のイケてるオフィス15選

目次1 オシャレなオフィスはメリットが多い2 株式会社ユーザベース3 LINE株式会社4 ウォンテッ