転職にベストな時期って? 4〜5月が穴場と言われる理由はなぜ?

      2019/05/07

転職にベストな時期って?

「転職活動をはじめるのにベストな時期」というのはいつごろになるのでしょうか。

個人的には「ボーナスを貰った後に転職できるように動く」のがベストだと思っていますが、一般的にはどうなのか。企業の事情も合わせてご説明していきたいと思います。

転職エージェントさんのお話によると、求人数が多くなるのは2〜3月とのこと。4月からの新体制に向けて人材を確保する必要があるからです。下期が始まる直前の8月〜9月も求人数が多くなる傾向があります。

しかし求人が多く出ている時期だからといって転職しやすいとは限りません。求人数が多い時期は、転職希望者も多く、採用活動は激戦に。売り手市場だからといって甘く見ていると優良企業からはすぐにお祈りされてりまいます。

4〜5月に求人を出す会社は採用意欲が高め

応募する側から、募集する側になって気付いたことでもあるんですが、4月〜5月に求人を出す企業は採用意欲が高めです。

なぜなら、4月から新体制になって企業側が色々なことに気づくのです。

「あれ?3月に辞める人、多くね?」
「えっ、まさかあの人まで辞めるの?」
「3月中に人を補充したけど、それでも足りなくね?」
「人を補充したはずなのに、むしろ人、減ってない?」
「せっかく育てた優秀な人材がどんどんメ○カリに刈り取られていく…」
「今期の計画、このチームだけじゃ達成できなくね?」
「新卒もすぐに戦力はならないし、もうすでに何人か脱落してるし、やばくね?」

採用含め、3月までに計画してたことがだいたい崩れますし「やっぱもっと人ほしい!!今すぐほしい!!!」となるのが4月と5月なのです。

「いい人がいたら〜」というモチベーションではなく「早く誰か来て!!」という状態なので、正社員採用がうまくいかない場合でも、派遣、バイト、業務委託を駆使して何が何でも補充します。

みんな忙しい時期だからこそ転職の穴場

4〜5月は新年度がはじまるので、会社員はみんな忙しいです。

新人研修、事業計画、連日にわたる打ち合わせ。こんな時期に転職活動したら死にます。しかし!その分ライバルが少なくて済みます。

企業側も人がほしい時期でかつ、転職活動で動いている人が少ないため、スキルが揃ってさえいれば即戦力として採用される可能性が高いです。

あえて忙しい最中に転職活動をスタートしてみたらスムーズに選考が進むかもしれません。

4~5月は涼しいというのも最大のメリット

4~5月は寒くもなく暑くもなく、とにかく快適です。

業務が立て込んでいるとはいえ、通勤や移動も夏や冬と比べたらさほど苦にはなりません。

6月は梅雨ですし、7月からは猛暑です。気候が快適なうちに動けたほうが良いですね。

4月〜5月に転職活動をして、6月に内定を貰えば、7月のボーナスもギリギリゲットして退職できます(もちろん会社にもよりますが)。

転職活動は(ある程度)計画的に

「いつまでに内定をもらう」という計画を立てても崩れることが大半ですが、それでも予定を立てることは必要です。

「いつか決まればいいや〜」ではなく「この日までに決めなくては…」という目標の期限が迫ってくると焦ります。

そうなると人間、高いパフォーマンスを発揮します。まさに締め切り効果。

転職は終了期間もふくめて、計画を立てた上で動かれることをおすすめします。

<オススメの記事>
転職を考えていなくても「キャリトレ」に登録しておいた方がいい理由

オススメの転職エージェント

■20代・第二新卒向けのエージェント
マイナビジョブ20’sウズキャリ
新卒入社1社目の会社が合わなかった方は、第二新卒向けの転職エージェントに登録されることをおすすめします。20代の求人に特化しているので、早く転職活動を終わらせたい若手は登録しておいて損はありません。対応が丁寧な会社はこの2社。

■私が内定をゲットしたエージェント
ギークリー
Web、IT、ゲーム業界などのクリエイティブ分野に強いエージェント。私の経歴を見た上で、合った求人を都度ピックアップしていただきました。面接の前後はメールや電話で相談させていただき、企業の裏事情や面接のコツについて教えていただきました。年収交渉もしっかりとやってくれます。

■大手企業の求人数が多いエージェント
パソナキャリア
大手転職エージェントなだけに、求人数もトップクラス。全職種対象です。サポートも手厚く、ちょっとした疑問にも、親身になって丁寧に答えてくれます。拠点は関東、東北、北海道、甲信越、北陸、近畿、中国、四国、沖縄と全国を網羅しています。

■まず最初に登録すべき転職エージェント
リクルートエージェント
人材業界最大手のリクルートエージェントは全年齢・全職種対象なので、一番最初に登録するエージェントとしては適切です。土曜日の面談可・電話面談可なので平日忙しい方でもすぐに転職活動が開始できます。

■サポートが手厚いエージェント
マイナビエージェントマイナビクリエイター
とくにサポートが手厚い転職エージェント。各企業の裏事情についても教えていただけます。不安でいっぱいな面接前や、今後のキャリア相談も親身になって乗ってくださって本当に感謝しています。人材業界特有のギラギラしたキャリアアドバイザーがいないので話しやすいです。

 

Twitter で運営者(凛乃子)をフォローしよう!

 -転職

  関連記事

「女でも社名モテってあるよね…」 無名企業から有名企業に入って思ったこと

目次1 無名企業→有名企業に転職して起きた出来事2 社名効果で転職も有利に?3 優しい人こそ大企業を

「えっ…私のコミュ力低すぎ?」口下手の私が一次面接を通過できるようになるまで

目次1 絶望的なコミュニケーション能力不足で一次面接敗退2 面接の「コミュ力」とはすなわち「準備力」

収入がちょっと上がってよかったこと・悪かったこと

目次1 前よりお金を稼げるようになってよかったこと2 気持ちの余裕ができる3 健康的な食生活ができる

【転職】面接で緊張しないコツは…「脳内に○○を飼え!」

目次1 面接は緊張して当たり前1.1 まったく緊張していないと逆に怪しまれる?2 脳内に松岡修造を飼

仕事を辞めようか迷った時にできる「ちょっとした第一歩」

目次1 仕事を辞めたくなる理由2 仕事を辞めるか迷うのはなぜ?2.1 やりたいことがない2.2 転職

「まずは転職のお悩み相談をしたい」でもOK!20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント「マイナビジョブ20’s」インタビュー

目次1 はじめての転職活動が不安ならプロに相談すべし!2 第二新卒向けの人材サービスをはじめたきっか

既卒向け就職エージェントのUZUZって?実績No.1の芸人キャリアカウンセラーに話を聞いてみた

目次1 UZUZ(ウズウズ)の芸人キャリアカウンセラーに話を聞いてきた2 UZUZではどのようなサポ

転職サイトよりも転職エージェントをメインに使う企業の裏事情

目次1 会社によって応募者の集め方はだいぶ違う2 企業がエージェントを活用するメリット3 転職サイト

転職サイト「ミイダス」を使ってみたんだが、多分もう使わない……

目次1 MIIDAS(ミイダス)を使ってみた2 ミイダスで自分の市場価値を調べてみたら3 面接確約オ

職務経歴書はES並の重要度!?書類にシビアな採用担当の話

目次1 職務経歴書を作り込む目的2 職務経歴書がES並に重要な理由3 職務経歴書で気を抜くな!4 職

平成最後の新卒社員に伝えたい「就活に失敗はない」という話

目次1 就活に失敗はない2 寄り道したからこそ出会える人、身に付くスキルがある3 踏ん張るからこそ見

【徹底比較】大手転職エージェントおすすめランキングTOP6 ~ここさえ登録しとけば大丈夫~

目次1 大手転職エージェントおすすめランキング2 1位 マイナビジョブ20’s3 2位 

「まずは転職のお悩み相談をしたい」でもOK!20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント「マイナビジョブ20’s」インタビュー

目次1 はじめての転職活動が不安ならプロに相談すべし!2 第二新卒向けの人材サービスをはじめたきっか

20代の転職に「マイナビ系転職エージェント」をオススメする理由

目次1 転職エージェントを使うメリット2 良いエージェントの条件3 私にとっての良いエージェントは「

転職を考えていなくても「キャリトレ」に登録しておいた方がいい理由

目次1 キャリトレ(旧キャリアトレック)を登録しっぱなしにしていたら…2 キャリトレとは3 転職を検

人間関係が原因で転職してもいいの? 「どこに行っても嫌な人はいる説」について

目次1 職場の人間関係が悪化する理由2 人間関係が原因で仕事を辞めても良いの?3 人間関係を悪化させ

優良企業の求人が多い?転職エージェントのメリット・デメリット

目次1 転職エージェントと転職サイトどちらを使えば良いか2 転職エージェントとは3 転職エージェント

転職エージェントから優良求人を紹介してもらうには

目次1 転職エージェントから手厚いサービスを受けるには2 転職エージェントとの面談でも気を抜くな2.

【転職】20社面接を受けて良かったこと・悪かったこと

目次1 転職活動でヤケクソになった結果…2 20社の面接を受けてよかったこと3 20社の面接を受けて

転職したいけど時間がない!平日面接に行けない人はどうすればいいのか

目次1 転職したいけど時間がない1.1 平日しか面接してくれないのはおかしい?2 結論「嘘をついて休

そろそろ会社を辞めそうな人の特徴13選

目次1 「辞めたい」と口に出せるうちはまだ元気2 1:遅刻が増える3 2:タスク未消化のまま帰る4

仕事を辞めようか迷った時にできる「ちょっとした第一歩」

目次1 仕事を辞めたくなる理由2 仕事を辞めるか迷うのはなぜ?2.1 やりたいことがない2.2 転職

パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受ける動画が面白かった

目次1 パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受けてみた1.1 まずは自己紹介1.2 長所と短所1.3

職務経歴書はES並の重要度!?書類にシビアな採用担当の話

目次1 職務経歴書を作り込む目的2 職務経歴書がES並に重要な理由3 職務経歴書で気を抜くな!4 職

大企業への転職なら「リクルートエージェント」がオススメ

目次1 転職エージェントといえば、リクルートエージェント2 リクルートエージェントのメリット・デメリ

志望動機が「商品のファンです!」だけじゃダメな理由

目次1 「御社の商品が好きです」だけじゃ採用されない?2 もちろん「好き」という気持ちは大事3 志望

「憧れの会社に入りたい」という理由で転職していいの?→実際行動してみた結果…

目次1 私が転職しようと思った理由1.1 表の転職理由・裏の転職理由2 とにかく一部上場企業にこだわ

【新卒時代の思い出話】営業は心が折れるけど、なんだかんだで役に立つ

目次1 私が新卒時代の話2 「営業ができない」が私の欠点だった3 営業部隊から外れることになった4

【転職】トントン拍子で内定を貰えた理由について考えてみた

目次1 なぜ内定をもらえたのか2 社内の課題はどうやって知るの?3 組織づくりについて4 オススメの

新卒の新入社員だった私へ贈る20の言葉

新卒の新入社員だった私へ 入社おめでとう。浪人も留年もせず大学を卒業して、無事正社員として内定をもら

【就活】新卒採用の面接では「行動結果」を見られる

目次1 新卒の面接時に見極められるポイント2 採用担当からは「行動事実」を見られる3 「行動事実」を

「職務経歴書」は見やすさ命 書類選考通過率が上がるコツを解説

目次1 書類選考が通りやすくなる職務経歴書を作ろう2 わかりやすい職務経歴書とは3 職務経歴書の雛形

面接で「転職理由はブラックだったから」と言っていいのか問題

目次1 「転職理由はブラックだからです」と面接で伝えていいのか2 個人的には「ブラックだから」と伝え

【転職】面接で遅刻・企業研究ゼロ・内定取る気ゼロでも受かる時は受かる

目次1 面接準備を入念にしても、落ちるときは落ちる2 いっけなーい!面接で遅刻遅刻う!!3 企業研究

社風に合う・合わないって何?面接で立ちはだかる「カルチャーフィットの壁」

目次1 面接で立ちはだかる「社風に合う・合わない」の壁2 カルチャーフィットとは3 カルチャーフィッ

【転職】え…中途採用でも学歴を見られるの…? 面接で言われた「○○大卒なんですね〜」

目次1 中途採用でも学歴を見られまくるという現実2 中途採用でも学歴は合否に関わるのか3 採用担当者

「えっ…私のコミュ力低すぎ?」口下手の私が一次面接を通過できるようになるまで

目次1 絶望的なコミュニケーション能力不足で一次面接敗退2 面接の「コミュ力」とはすなわち「準備力」

新卒で入ったブラック会社が辛すぎた話【月収14万円・ヤメハラ・パワハラ・セクハラ】

目次1 会社から逃げたくなったら逃げてもいいの?2 問題なのは「逃げたくても逃げられなかった人」3

なぜワークポートは転職決定者が多いのか 転職コンシェルジュに話を聞いてみた

目次1 IT業界の転職に強いワークポート2 転職エージェントがきっかけで、転職コンシェルジュの道へ3