人間関係が原因で転職してもいいの? 「どこに行っても嫌な人はいる説」について

      2018/07/29

職場の人間関係が悪化する理由

上司がキツいことを言ってくる、部下が言うことをきかない、噂話や陰口が好きな人がいる等、職場の人間関係でお悩みの方も多いのではないでしょうか。

職場の人間関係が悪化する主な原因としては、上司が部下に対して「服従させたい気持ち」が生じることが多いということが挙げられます。立場としては上司の方が偉いのですが、業務の中で必要以上に「俺の方が上だ」ということを確認したがる人もいるのです。

こういった役割分担は同僚との間でも発生することがあります。職場での不満が生じたときに、同僚のミスを必要以上に責めたてたり、理不尽なことを言って解消しようとするのです。

また、プライベートな話でセクハラやマウンティングをしようとすることがあります。これは男女間だけではなく、同性同士でも起こりがち。

例えばおとなしそうな男性社員に対して、アグレッシブな男性社員が「どうせ休日は何もしてないんでしょ?俺はデートだったけど?」等、モテマウンティングをしてくるやつですね。

このように、「いじりと称したいじめ」は職場では起こりがちです。いじりを行う側が「愛情を持って接してる」と言っても、受け取る側が「ネタにしてくれておいしいw」と感じてなければ、いじりとして成立しません。

人間関係が原因で仕事を辞めても良いの?

「人間関係が原因で仕事を辞めても良いのか」という疑問ですが、なんの問題もありません。その理由はこちら。

・どうしようもない職場は存在する
・常軌を逸脱した人は存在する
・一度、「看守と囚人」のような役割分担が決まると覆しにくい

人間関係が原因で辞めることについて、「どこに行っても嫌な人はいる」「人間関係が原因で辞める人は次の職場でもすぐ辞める」「そんな辞め方は逃げだ」と言う方もいますが、どこに行っても同じなわけはありません。

会社ごとに社風が違うように、それぞれ違う環境です。パワハラやいじめが横行している会社は、長期的に負のスパイラルに陥っています。自分がちょっと頑張るぐらいじゃ改善しない状態になっています。

心理学で有名なアドラーも「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」と断言しています。人間関係は大きなストレスとなり、心身ともに健康を崩す原因となります。

環境は自分で選ぶことができます。「逃げだ!」と言ってくる人もいるかもしれませんが、そもそも転職理由の本音なんて、だいたいは「仕事が嫌になった」みたいな「逃げ」から生じますし、そんなに気にすることはありません。

人間関係を悪化させないためにできること

取り返しがつかなくなる前に、職場の人間関係を悪化させない方法はあります。具体例はこちら。

疲労をためない

とくに重要なことは「疲労をためないこと」。疲労がたまるとミスを起こしやすくなることに加え、人間関係でいざこざが生じたときに対応するエネルギーがなくなります。

心身ともに健康を保っていたほうが、ピンチのときも冷静に対処できます。日頃からしっかりと睡眠をとり、栄養のある食事をこころがけましょう。

誰に対してもフラットに接する

どんな立場の相手に対しても「話を聞いていますよ」という姿勢を見せることも大事です。話を聞くときには、その人の方向を向く。パソコンを叩く手を止めるということもこころがけましょう。

誰に対しても丁寧に、分け隔てなく接することができる人は、まわりからも好かれ、自然に人も集まってきます。

起業家のけんすうさんは、たとえ年下であっても敬語を使うと言っています。ホリエモンこと堀江貴文さんは学生に対しても敬語を使うそうですよ。優秀な人ほど、相手に敬意を持ったコミュニケーションをします。

年上であろうと、年下であろうと、敬意を持ってフラットに接することを心がけてみてください。

苦手な人の「いい面」を見る

「この人のこと苦手だな」と一度思うと、どんどんその人の悪い部分が見えてきますが、そこは意識的にストップをかけましょう。

誰しも「いい面」はあります。上司の場合は、偉くなったそれなりの理由があるはず。自分にとっては悪い面に見えていても、組織としては良い面だったりすることもあります。

あまり主観に流されずに、「この人の優れた部分はどこだろう?」と分析してみてください。仕事において、参考になる部分も多いと思います。

転職する場合、退職理由をどう伝えたらいいの?

転職する時に、面接で退職理由をどう伝えたら良いかについて悩まれる方も多いと思いますが、後ろ向きな理由を伝えることは好まれません。職務内容やキャリアアップのためなど、前向きな理由を伝えるようにしましょう。

また、人間関係の課題を解決したい話はポジティブな言い方に言い換えましょう。「社内の連帯感がなく、会話もなかった」→「チームワークで大きなことを成し遂げたい」と伝えるなど。物は言いようです。

「今すぐ逃げたいから」という本音をうまーく隠すのも社会生活を生き抜くテクの一つです。面接で求められている話は「この人を雇うことで、自社にメリットがあるかどうか」です。転職の際は戦略を立てて挑みましょう。

面接で「苦手な人間はどんな人ですか?」とストレートに聞かれることもあります。向こうから質問があった場合にのみ、本音を交えて完結に答えましょう。

私の場合は「メンタルが不安定でいきなり怒鳴り出す人」という極端な例をあげました。「そんな人うちにはいないんで(笑)」と笑われましたが、今まで働いた職場には必ずいたので、そういう方がいないか確認できたのはよかったです。

実際、今の会社に入社してみてびっくりしたのですが、いきなりブチ切れて怒鳴りちらす人も、新人いじりをする人もいないんですよね。

「どこに行っても同じ!」なんて嘘です。組織によって人も環境も違うということを忘れずに、「どうしようもなくなったら辞めればいい」と気楽に考えていれば良いと思います。

オススメの転職エージェント

■まず最初に登録すべき転職エージェント
リクルートエージェント
人材業界最大手のリクルートエージェントは全年齢・全職種対象なので、一番最初に登録するエージェントとしては適切です。土曜日の面談可・電話面談可なので平日忙しい方でもすぐに転職活動が開始できます。

■20代・第二新卒向けのエージェント
マイナビジョブ20’sウズキャリ
新卒入社1社目の会社が合わなかった方は、第二新卒向けの転職エージェントに登録されることをおすすめします。20代の求人に特化しているので、早く転職活動を終わらせたい若手は登録しておいて損はありません。対応が丁寧な会社はこの2社。

■求人数が多いエージェント
パソナキャリア
大手転職エージェントなだけに、求人数もトップクラス。全職種対象です。サポートも手厚く、ちょっとした疑問にも、親身になって丁寧に答えてくれます。拠点は関東、東北、北海道、甲信越、北陸、近畿、中国、四国、沖縄と全国を網羅しています。

■私が内定をゲットしたエージェント
ギークリー
Web、IT、ゲーム業界などのクリエイティブ分野に強いエージェント。私の経歴を見た上で、合った求人を都度ピックアップしていただきました。面接の前後はメールや電話で相談させていただき、企業の裏事情や面接のコツについて教えていただきました。年収交渉もしっかりとやってくれます。

■サポートが手厚いエージェント
マイナビエージェントマイナビクリエイター
とくにサポートが手厚い転職エージェント。各企業の裏事情についても教えていただけます。不安でいっぱいな面接前や、今後のキャリア相談も親身になって乗ってくださって本当に感謝しています。人材業界特有のギラギラしたキャリアアドバイザーがいないので話しやすいです。

<関連記事>
仕事を辞めようか迷った時にできる「ちょっとした第一歩」

スタートアップあるある?「好き」を原動力にした組織がブラック化しがちなワケ

面接で「転職理由はブラックだったから」と言っていいのか問題

「仕事辞めたい…」私が会社を退職したくなる10の理由

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で運営者ををフォローしよう!

 -転職

  関連記事

転職したいけど時間がない!平日面接に行けない人はどうすればいいのか

目次1 転職したいけど時間がない1.1 平日しか面接してくれないのはおかしい?2 結論「嘘をついて休

うらやましい!仮眠スペースでお昼寝できる会社6選

目次1 15~20分程度のお昼寝で仕事の効率がアップ!2 株式会社コロプラ3 GMOインターネット株

【転職】20社面接を受けて良かったこと・悪かったこと

目次1 転職活動でヤケクソになった結果…2 20社の面接を受けてよかったこと3 20社の面接を受けて

転職を考えていなくても「キャリトレ」に登録しておいた方がいい理由

目次1 キャリトレ(旧キャリアトレック)を登録しっぱなしにしていたら…2 キャリトレとは3 転職を検

転職サイトよりも転職エージェントをメインに使う企業の裏事情

目次1 会社によって応募者の集め方はだいぶ違う2 企業がエージェントを活用するメリット3 転職サイト

“@typeとtype転職エージェントの合わせ技”で効率的な転職活動に

目次1 なぜtype系転職サービスの評判が良いのか2 @typeとtype転職エージェントの違いって

パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受ける動画が面白かった

目次1 パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受けてみた1.1 まずは自己紹介1.2 長所と短所1.3

【転職】面接で緊張しないコツは…「脳内に○○を飼え!」

目次1 面接は緊張して当たり前1.1 まったく緊張していないと逆に怪しまれる?2 脳内に松岡修造を飼

【転職】え…中途採用でも学歴を見られるの…? 面接で言われた「○○大卒なんですね〜」

目次1 中途採用でも学歴を見られまくるという現実2 中途採用でも学歴は合否に関わるのか3 採用担当者

こんな会社いやだ!転職活動で遭遇した地雷面接官

目次1 転職活動で遭遇する地雷面接官1.1 とにかくチャラい1.2 仕事が楽しくなさそうなおっさん1

人間関係が原因で転職してもいいの? 「どこに行っても嫌な人はいる説」について

目次1 職場の人間関係が悪化する理由2 人間関係が原因で仕事を辞めても良いの?3 人間関係を悪化させ

優良企業の求人が多い?転職エージェントのメリット・デメリット

目次1 転職エージェントと転職サイトどちらを使えば良いか2 転職エージェントとは3 転職エージェント

転職エージェントから優良求人を紹介してもらうには

目次1 転職エージェントから手厚いサービスを受けるには2 転職エージェントとの面談でも気を抜くな2.

月収15万円・残業代なし・リストラ宣告… 新卒入社1年目のエピソード

目次1 貧乏OL時代のエピソード2 面接のときと話が違う!3 残業代なし・月収15万円4 月収15万

【転職】20社面接を受けて良かったこと・悪かったこと

目次1 転職活動でヤケクソになった結果…2 20社の面接を受けてよかったこと3 20社の面接を受けて

転職したいけど時間がない!平日面接に行けない人はどうすればいいのか

目次1 転職したいけど時間がない1.1 平日しか面接してくれないのはおかしい?2 結論「嘘をついて休

そろそろ会社を辞めそうな人の特徴13選

目次1 「辞めたい」と口に出せるうちはまだ元気2 1:遅刻が増える3 2:タスク未消化のまま帰る4

仕事を辞めようか迷った時にできる「ちょっとした第一歩」

目次1 仕事を辞めたくなる理由2 仕事を辞めるか迷うのはなぜ?2.1 やりたいことがない2.2 転職

パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受ける動画が面白かった

目次1 パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受けてみた1.1 まずは自己紹介1.2 長所と短所1.3

大企業への転職なら「リクルートエージェント」がオススメ

目次1 転職エージェントといえば、リクルートエージェント2 リクルートエージェントのメリット・デメリ

志望動機が「商品のファンです!」だけじゃダメな理由

目次1 「御社の商品が好きです」だけじゃ採用されない?2 もちろん「好き」という気持ちは大事3 志望

「憧れの会社に入りたい」という理由で転職していいの?→実際行動してみた結果…

目次1 私が転職しようと思った理由1.1 表の転職理由・裏の転職理由2 とにかく一部上場企業にこだわ

【新卒時代の思い出話】営業は心が折れるけど、なんだかんだで役に立つ

目次1 私が新卒時代の話2 「営業ができない」が私の欠点だった3 営業部隊から外れることになった4

新卒の新入社員だった私へ贈る20の言葉

新卒の新入社員だった私へ 入社おめでとう。浪人も留年もせず大学を卒業して、無事正社員として内定をもら

面接で「転職理由はブラックだったから」と言っていいのか問題

目次1 「転職理由はブラックだからです」と面接で伝えていいのか2 個人的には「ブラックだから」と伝え

【転職】面接で遅刻・企業研究ゼロ・内定取る気ゼロでも受かる時は受かる

目次1 面接準備を入念にしても、落ちるときは落ちる2 いっけなーい!面接で遅刻遅刻う!!3 企業研究

【転職】「えっ…私のコミュ力低すぎ?」口下手の私が一次面接を通過できるようになるまで

目次1 絶望的なコミュニケーション能力不足で一次面接敗退2 面接の「コミュ力」とはすなわち「準備力」

「今日はどうやってここまで来ましたか」の就活面接本がツッコミどころ満載だった件

目次1 「今日はどうやってここまで来ましたか」のツイートが話題に2 Twitterで「今日はどうやっ

社会人がSNSと上手に向き合う方法 〜別に意識高くなくてもいいんだよ〜

目次1 SNSの力はあなどれん2 でも別に、ガチでSNSやらなくてもよくね?3 社会人はどのようにS