面接で「転職理由はブラックだったから」と言っていいのか問題

      2018/07/28

社畜

「転職理由はブラックだからです」と面接で伝えていいのか

退職理由に「ブラックだから」と正直に伝えた方がいい会社に入れたというツイートが話題に。

面接の時、転職理由に「ブラック企業だったから」といったネガティブワードを出していいのか。実際のところどうなんでしょうか。

ちなみに私が転職活動をしているときは、転職エージェントさんから「ネガティブなワードは嫌われるので絶対言わないでください」と何度も何度も念を押されました。

これについて私自身の見解を語りたいと思います。

個人的には「ブラックだから」と伝えない方がいいと思う

個人的には転職理由に「ブラックだから」と単刀直入に伝えない方が良いと感じています。

理由はこちら。

・面接担当が本音トークを好む人か嫌う人かはすぐに見極めがつかない。

・面接担当が「俺は別にいいけど、あいつはどうかな?」とチーム単位のフィット感を考える。

ネガティブワードに対して「どう捉えるかは面接担当による」「その会社のチーム構成による」というところなので、むやみに本音を出してると事故ります。

なので、マイナス評価になる可能性が少しでもあるワードは出さない方が無難だと考えます。

でも、面接担当とオープンに話ができるムードになったら、本音ベースの話を持ち込んでも良い気もしますよね?

しかし私はこれで失敗したことがあります。和やかな雰囲気の中、昔の失敗談や、会社での不満をペラペラと話して、面接担当も本音ベースの話をしてくれて、良い感じに面接が終われた〜とその時は思ったのです。

しかし、後日、エージェントさんから不採用通知が届きます。

「チームフィットしない人物だと感じたため、不採用とさせていただきます」

「あの時、めっちゃ話盛り上がったやん!なんでや!?」って思いました。和やかに話しながら内心「なんだこいつ?」と思ってたのかもしれません。不合格理由に「チームフィット」とあったので「俺はいいけど、あいつはどうかな?」と思ったのかもしれません。

本当の理由はわかりませんが、正直すぎるのも問題なのだとその時感じたのでした。

ブラックという言葉を使わなくても、ブラックを伝える術はある

ブラック

「ブラックで」とか「激務すぎて辛い」という言葉を使わなくても、面接担当がお察ししてくれることがあります。

方法としてはこちら。

・短期間でどれだけの結果を出したか提示する

ブラック企業だと、無茶な納期とか、無茶苦茶な目標を設定されたりとか、よくありますよね。その時に出した「良い結果」を職務履歴書に書いたり、面接でアピールするのです。

勘のいい採用担当はお察しして逆に聞いてきます。

「かなりお忙しかったんじゃないですか?」

そう聞かれたときにニコニコしながらこう言えばいいのです。

「そうですね!寝ずに作業してた日もありました^^」

ブラックという言葉を使わずにブラックさを伝えることができ、かつ過酷な環境でも結果を出せる人間だと思われます。

ブラックだった事実は変わらないのに、言い方を変えるだけでポジティブな感じになりますね!伝え方を変えるってすごいですね!

まだ結果を出してないけど、ブラック企業から脱したい場合

使い捨て

先ほどの例は、ブラック企業で数ヶ月〜年単位で居座った場合に使える解答例ですが、まだ雇われて1ヶ月以内とか、「結果出せてないけど、今すぐにでも移動したい」と思う時には使えません。

その時は応募した企業に「どうしても御社でやりたいことがある」「御社の理念や社風の方が今の職場より合っている!」といったことを面接担当に伝えれば良いと思います。

恋愛でも「とにかく現状から逃げたくて、誰でもいいからあなたにすがった」と言われるより、「あなたが魅力的すぎて…」とか「あなたじゃないとダメな理由がある」と言われたほうが嬉しくないですか。

たとえ本音では「逃げたかった」と思っていても、受け取る側としては聞いて嬉しくなる言葉を聞きたいですよね。

伝え方を工夫して、プラスをマイナスに変えろ

結論としては、ネガティブな動機からの転職活動だったとしても「伝え方を工夫して、プラスをマイナスに変えろ」というところになります。

てか、転職の動機なんてだいたいみんな「人間関係がクソ」か「仕事内容がクソ」とかそういう理由だと思います。そこらへんは人事さんも十分わかってると思います。

ただし、採用の決め手としては「なぜこの会社を選んだか」「この人を雇うことで、会社はどんなメリットを得られるか」というところになりますので、志望動機と今後の展望など、前向きな理由をしっかり伝えることに注力しましょう。

(大人の対応ってめんどくさいよね!!)

補足

「会社がブラックすぎて辛い…」という話は転職エージェントさんに伝えても問題ありません。

むしろ、ホワイトな会社の求人を回してもらえるので、現在の状況をきちんと伝えたほうがいいです。

私は「福利厚生がいいとこにしてくれ」とキャリアアドバイザーに頼み込んで、育児休暇が取りやすいとか、女性活躍推進を推してる会社の求人を多く回してもらいました。

どんな働き方をしたいかは人それぞれですし、「暇さえあれば仕事していたい」というブラック万歳の方もいらっしゃるかと思います。

自分がどんな生活を送りたいか、どんな働き方をしたいか、まず理想を描いて、そこから逆算して職を選んでみてください。

<オススメの転職サイト>
MIIDAS(ミイダス)
待っているだけで企業から面接確約オファーが届く転職サイト。自分から求人を探さなくても良いので楽です。「DODA」をはじめとした転職サービスを手がける大手人材会社・パーソルキャリアが運営しているので、優良企業の登録も多数(約10,000社)。

<オススメの転職エージェント>
■まず最初に登録すべき転職エージェント
リクルートエージェント
人材業界最大手のリクルートエージェントは全年齢・全職種対象なので、一番最初に登録するエージェントとしては適切です。土曜日の面談可・電話面談可なので平日忙しい方でもすぐに転職活動が開始できます。

■20代・第二新卒向けのエージェント
マイナビジョブ20’sウズキャリ
新卒入社1社目の会社が合わなかった方は、第二新卒向けの転職エージェントに登録されることをおすすめします。20代の求人に特化しているので、早く転職活動を終わらせたい若手は登録しておいて損はありません。対応が丁寧な会社はこの2社。

■求人数が多いエージェント
パソナキャリア
大手転職エージェントなだけに、求人数もトップクラス。全職種対象です。サポートも手厚く、ちょっとした疑問にも、親身になって丁寧に答えてくれます。拠点は関東、東北、北海道、甲信越、北陸、近畿、中国、四国、沖縄と全国を網羅しています。

■私が内定をゲットしたエージェント
ギークリー
Web、IT、ゲーム業界などのクリエイティブ分野に強いエージェント。私の経歴を見た上で、合った求人を都度ピックアップしていただきました。面接の前後はメールや電話で相談させていただき、企業の裏事情や面接のコツについて教えていただきました。年収交渉もしっかりとやってくれます。

■サポートが手厚いエージェント
マイナビエージェントマイナビクリエイター
とくにサポートが手厚い転職エージェント。各企業の裏事情についても教えていただけます。不安でいっぱいな面接前や、今後のキャリア相談も親身になって乗ってくださって本当に感謝しています。人材業界特有のギラギラしたキャリアアドバイザーがいないので話しやすいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で運営者ををフォローしよう!

 -転職

  関連記事

大企業への転職なら「リクルートエージェント」がオススメ

目次1 転職エージェントといえば、リクルートエージェント2 リクルートエージェントのメリット・デメリ

「仕事辞めたい…」私が会社を退職したくなる10の理由

目次1 仕事を辞めたくなる理由トップ101.1 1.人間関係が悪かったとき1.2 2.夜中にサーバの

【炎上ツイートに関する補足】うつ病の診断書、失業手当の申請等について

目次1 ツイートの炎上について2 詐病による不正受給が増えたらどうするんだ3 「ライフハック」という

【就活の証明写真も撮れる】銀座のメイクアップ&フォトスタジオ「シルキア」が天国だった件

目次1 綺麗な証明写真は好印象に2 メイクアップサロン&フォトスタジオ「銀座シルキア」とは

【就活/転職】Wantedlyはライトに使え!(学生インターンや主婦バイトも探せるよ)

目次1 SNSと求人が合わさった「ウォンテッドリー」2 【いきなり結論】ウォンテッドリーは補助的に使

新しい採用の場「ランチミーティング(食事面談)」って何をするの?

目次1 ランチミーティング(食事面談)って何?2 ランチミーティングってどこで募集しているの?3 ラ

パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受ける動画が面白かった

目次1 パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受けてみた1.1 まずは自己紹介1.2 長所と短所1.3

スタートアップあるある?「好き」を原動力にした組織がブラック化しがちなワケ

目次1 「好き」を原動力にすると、ブラック労働にも耐えられる?2 「好き」を仕事にしてみて気付いたこ

人間関係が原因で転職してもいいの? 「どこに行っても嫌な人はいる説」について

目次1 職場の人間関係が悪化する理由2 人間関係が原因で仕事を辞めても良いの?3 人間関係を悪化させ

“@typeとtype転職エージェントの合わせ技”で効率的な転職活動に

目次1 なぜtype系転職サービスの評判が良いのか2 @typeとtype転職エージェントの違いって

人間関係が原因で転職してもいいの? 「どこに行っても嫌な人はいる説」について

目次1 職場の人間関係が悪化する理由2 人間関係が原因で仕事を辞めても良いの?3 人間関係を悪化させ

優良企業の求人が多い?転職エージェントのメリット・デメリット

目次1 転職エージェントと転職サイトどちらを使えば良いか2 転職エージェントとは3 転職エージェント

転職エージェントから優良求人を紹介してもらうには

目次1 転職エージェントから手厚いサービスを受けるには2 転職エージェントとの面談でも気を抜くな2.

月収15万円・残業代なし・リストラ宣告… 新卒入社1年目のエピソード

目次1 貧乏OL時代のエピソード2 面接のときと話が違う!3 残業代なし・月収15万円4 月収15万

【転職】20社面接を受けて良かったこと・悪かったこと

目次1 転職活動でヤケクソになった結果…2 20社の面接を受けてよかったこと3 20社の面接を受けて

転職したいけど時間がない!平日面接に行けない人はどうすればいいのか

目次1 転職したいけど時間がない1.1 平日しか面接してくれないのはおかしい?2 結論「嘘をついて休

そろそろ会社を辞めそうな人の特徴13選

目次1 「辞めたい」と口に出せるうちはまだ元気2 1:遅刻が増える3 2:タスク未消化のまま帰る4

仕事を辞めようか迷った時にできる「ちょっとした第一歩」

目次1 仕事を辞めたくなる理由2 仕事を辞めるか迷うのはなぜ?2.1 やりたいことがない2.2 転職

パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受ける動画が面白かった

目次1 パソナキャリア社長が新卒採用の面接を受けてみた1.1 まずは自己紹介1.2 長所と短所1.3

大企業への転職なら「リクルートエージェント」がオススメ

目次1 転職エージェントといえば、リクルートエージェント2 リクルートエージェントのメリット・デメリ

志望動機が「商品のファンです!」だけじゃダメな理由

目次1 「御社の商品が好きです」だけじゃ採用されない?2 もちろん「好き」という気持ちは大事3 志望

「憧れの会社に入りたい」という理由で転職していいの?→実際行動してみた結果…

目次1 私が転職しようと思った理由1.1 表の転職理由・裏の転職理由2 とにかく一部上場企業にこだわ

【新卒時代の思い出話】営業は心が折れるけど、なんだかんだで役に立つ

目次1 私が新卒時代の話2 「営業ができない」が私の欠点だった3 営業部隊から外れることになった4

新卒の新入社員だった私へ贈る20の言葉

新卒の新入社員だった私へ 入社おめでとう。浪人も留年もせず大学を卒業して、無事正社員として内定をもら

面接で「転職理由はブラックだったから」と言っていいのか問題

目次1 「転職理由はブラックだからです」と面接で伝えていいのか2 個人的には「ブラックだから」と伝え

【転職】面接で遅刻・企業研究ゼロ・内定取る気ゼロでも受かる時は受かる

目次1 面接準備を入念にしても、落ちるときは落ちる2 いっけなーい!面接で遅刻遅刻う!!3 企業研究

【転職】「えっ…私のコミュ力低すぎ?」口下手の私が一次面接を通過できるようになるまで

目次1 絶望的なコミュニケーション能力不足で一次面接敗退2 面接の「コミュ力」とはすなわち「準備力」

「今日はどうやってここまで来ましたか」の就活面接本がツッコミどころ満載だった件

目次1 「今日はどうやってここまで来ましたか」のツイートが話題に2 Twitterで「今日はどうやっ

社会人がSNSと上手に向き合う方法 〜別に意識高くなくてもいいんだよ〜

目次1 SNSの力はあなどれん2 でも別に、ガチでSNSやらなくてもよくね?3 社会人はどのようにS